こんにちは!

野口ファーム代表の野口俊です。

毎日暑い日が続いていますが、みなさまお元気ですかー?

なんと!淡路島がある近畿地方は、梅雨明けの発表がされました。

例年より20日以上も早い梅雨明けとなります。

僕たち農業者としては「こんなにも早く梅雨明けして大丈夫?」「お米や野菜を栽培するために必要な水を、夏の間きちんと確保できるの?!」と非常に心配なところです。

ジメジメが続く季節もイヤですが、やはり雨が少なすぎるのも考えものですね…。

今日はこの時期の主役であり、収穫が最盛期を迎えたトウモロコシの美味しさの秘密と収穫の時間についてお話しします。

朝どれトウモロコシ

トウモロコシは、この時期大変人気がある野菜です!

うちの息子たちはトウモロコシが食卓に並ぶと、他のおかずには目もくれません。笑

収穫日は、朝5時30分に農園に集合し作業が始まります!

朝どれトウモロコシ

なぜ早朝に収穫するのでしょうか?

実はトウモロコシは、朝と夕方にそれぞれ収穫して食べ比べてみると、朝の方が甘くて美味しいのです。

朝どれトウモロコシ

早朝がイチバン甘い理由をもう少し詳しくお伝えしますね!

トウモロコシは、日中気温が高くなると実を成長させるために呼吸が活発になります。

この時に、実に含まれている糖分がエネルギーとして使われてしまいます。

夕方にはかなり糖分を使っている状態です。

逆に夜になると呼吸が減少するため、葉っぱに蓄えられていた糖分が、どんどん実に送られていきます。

なので、早朝でまだ気温の低い時間が、イチバン糖度が高く甘いのです。

種まきの時期から楽しみにご予約されている方、トウモロコシを楽しみにしてくださっているみなさまに、イチバン美味しい状態で出荷したい!

「うめーー!!!」と言ってもらいたい!

想像よりもずっと美味しいトウモロコシをお届けしたい!

その想いだけで、早朝に眠気と蚊と戦いながら収穫したてのトウモロコシをすぐに出荷しています。

朝どれトウモロコシ

朝どれのトウモロコシを味見がてらかじる、これがサイコーの朝ごはんなのです!

朝どれトウモロコシ

農家になって初めて気づいたのですが、収穫したてのトウモロコシはそのままかじっても、めちゃくちゃ美味しいです!

食べる際の醍醐味として、到着したその日は「生」で、かじることができます。

ぜひぜひ採れたての新鮮な味を楽しんでくださいね。

トウモロコシは、今シーズンも大変良い出来です。

梅雨入りしてからも曇りや雨の天気が少なく、日照時間が十分確保できたので、太陽のパワーをたっぷり浴びて、甘みもさらにアップしました!

収穫は、そろそろ後半に入りますが、ご予約可能な枠はかなり少なくなってきております。

「生でかじれるトウモロコシ」が気になる方はお早めにお問い合わせください!

この時期の主役を、ぜひご家族のみなさまでお楽しみいただければ嬉しいです^^

「うまーー!!」と言っていただけるように明日も早起きしますー♪

ではでは、また次回。

人生と野菜の語り人
野口俊

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^