こんにちは!

野口ファーム代表の野口俊です。

12 月に入って寒くなるのかな?と思いきや、ポカポカ陽気が続いている淡路島。

おかげで腕まくりをして収穫や植付作業をしています。苦笑

さて本日は、

『野口ファームって美味しい野菜たちをどんな形で広めているの?』

についてお話させていただこうと思います。

このコラムでもいろんな記事を書いておりますが

ご覧の通り、毎日必死のパッチでお野菜たちを植えたり、収穫したりで

とにかくバタバタしております。汗

もちろん営業マンなどいるハズもなく、、正確には営業に行く時間があるぐらいなら

作業を手伝って~!となるぐらい野菜づくりは忙しいのです。笑

では、営業に行かずにどうやって広めているのか?見ていきましょう!

とにかくSNSをフル活用

野口ファームではSNSをフル活用しています。

そして、目的に合わせて、SNSの活用の仕方を変えているので、どんな分け方をしているかご紹介します。

①InstagramとFacebook

農園野菜たちの様子

お野菜や作業風景、野口ファームの雰囲気を丸ごと投稿しています。

おかげさまで、つい最近Instagramのフォロワー数が1万人を突破しました!

農作業ってこんな感じ!この動画は60万回も再生されたよ。
毎朝、今日の一言も発信中!

野口ファームのInstagram:https://www.instagram.com/noguchifarm/

②TikTokとYouTube

TikTokやYouTubeでは、農家の裏側や農作業を動画で配信しています!

みんながおぉー!ってなる人気の機械シリーズ
TikTokでは、こーちゃん今何してるん!?が人気

③口コミ

ココまでSNSのことについてお伝えしてきましたが、

実は、美味しい野菜を広める上で、イチバン多いのがお客様の『口コミ』なんです。

オンラインショップにご注文いただく方のコメントで多いのが、

『〇〇さんが美味しかった!と言ってたので注文してみました』

『〇〇さんの投稿を見て注文しました』

などなど、今までご注文をいただいた方のご家族、友人などが本当に多いんです。

僕がお野菜を育てお届けするにあたって、常に心がけていることは

うちの子どもが、野菜を食べるようになりました!

野菜嫌いの旦那がおかわりしています!!など

とにかく『誰かに伝えたいぐらいの感動を届ける!』ということ。

野菜の美味しさで感動してもらう

ハンサムレタス 栽培

一緒に入っているお手紙やお野菜紹介の送付状、野菜の詰め方やパッケージのデザインなどなど。

届いた箱を開けた時に『おっ♪』となって欲しいな~!といつも想像しながら作業をしています。

こんな風にすると喜んでもらえるかな~?を想像することがけっこう楽しくて好きです。

僕は今の時代に農家ができることがすごく幸せだと思ってます。

SNSやメッセージで嬉しい感想を送っていただけたり、写真や動画で野菜たちの活躍を教えてもらえたり。

何ヶ月もかけて育てた野菜なので、とにかく喜んで欲しいという想いが強く

コメントをもらえるだけで、生産者としてはすごくやりがいを感じます。

特に嬉しいコメントをもらった日は、今までの苦労は一瞬でチャラです。笑

以上

野口ファームの美味しいお野菜たちを、どうやって広めているの?でした。

これからも美味しい野菜をメインに

『誰かに伝えたくなる感動』をお届けしていきますね!

ではではまた次回

野菜と人生の語り人

野口俊

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^