こんにちは!
パティです。

淡路島の6月は、玉ねぎやジャガイモ・夏野菜の収穫とお米の管理など、やることが盛り沢山な月で農繁期を迎えております。

玉ねぎの収穫がようやく終了し、これからは夏野菜たちが次々とできてくる時期です。

今回はその夏野菜の栽培についてご紹介していきます。

○マルチの準備とアーチ立て
今年の夏野菜の栽培計画は「どの畑に植えていくのか?」という話からスタートしました。
今年は定期便を本格的に始めてから最初の夏野菜。

毎年夏野菜を育てている畑では小さいし...。
風が強い畑では折れやすい...。
水をしっかり入れられる畑があれば...。

色々と考慮した結果、農園から少し離れた田んぼに畑を作ることになりました。

まずはしっかり耕して、4月20日にマルチを張り、
アーチと支柱を立てて夏野菜を植えていきます。

夏野菜の収穫

夏野菜たちは生育初期に風に負けて折れてしまうことがあるので、アーチと支柱で固定をする必要があるんです。
トマト・きゅうりはアーチの中にネットを張って蔓を伸ばせるようにしてあげます。
茄子・ピーマンは支柱の根元に苗を植えていきます。
その他にはとうもろこし・かぼちゃ・オクラ・唐辛子・ズッキーニ・しそを植えました。

夏野菜の収穫
(支柱に固定した茄子の様子)

○誘引作業
夏野菜たちは気温が上がるとすぐに大きくなってくるので、最低でも2日に1回は見回りに行くようにしています。
特に蔓を伸ばすトマトときゅうりは誘引という作業が不可欠です。
伸びた蔓が重力に負けないように、ネットに蔓を結んで、伸びたい方向に伸びるようにしてあげます。
こうすることで、よりストレスなく大きくなってくれます。

(トマトの成長の様子)

○夏野菜たちの近況

夏野菜の収穫

茄子は実がなってきているものも見られるようになってきました。
安定した収穫にはもう少し。

ピーマンはようやく小さい実がなってきました!
収穫にはもうしばらくかかりそうです。

夏野菜の収穫

こちらは唐辛子。
まだ実が見えてはきませんが、段々と成長してきています。

夏野菜の収穫

しそは何枚か大葉が収穫できるようになってきました。
ちなみに、しその葉っぱのことを大葉というそうです。
採りたての香りがたまらない!

夏野菜の収穫

オクラはまだまだ時間がかかりそう...。
ここから、なかなか大きな木になってきます。

夏野菜の収穫

とうもろこしは順調に成長してきています!
ヤングコーンの収穫が始まり、とうもろこしの実も太くなってきました。
野口ファームでは一番果をとうもろこしとして収穫し、2番果をヤングコーンとして収穫しています。

夏野菜の収穫

こちらはかぼちゃゾーンです。
かぼちゃは地に這うように蔓を伸ばしていきます。
生食用のコリンキーの収穫が始まっていますが、本格的なかぼちゃの収穫はまだ先になりそうです

夏野菜の収穫

ズッキーニも順調に大きくなり、ちらほら収穫が始まっています。

いかがでしたか?

管理作業が大変な夏野菜たちですが、できてくると嬉しい気持ちになりますね。
個人的には観察をしていて、花を咲かせた後の実を食べているというのが夏野菜の特徴だな〜と思いました。

夏野菜は保存期間が短いので、旬の時期に味わっていただきたく思います!
ぜひ「夏野菜セット」をよろしくお願いいたします〜♪

ユーティリティベジマネージャー パティ

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^