こんにちは!
野口ファームユーティリティベジマネージャーパティです。

1月に入ってから寒い日が続いています。
過去2年間は暖冬でしたが、今年は例年通りの寒い冬が戻ってきたみたいです。
霜が降りる日もあり、野菜の成長がスローペースになっている今日この頃。

幻 新たま 収穫

さて、今回は沢山のご予約をいただいている「幻の新たま」の近状報告を綴りたいと思います。
早く収穫を進めてお届けしていきたい気持ちは山々なのですが、なんせ自然のものですので、申し訳ございませんがもう少々お待ちくださいませ。

幻 新たま 収穫
収穫中の田んぼの様子

新たまの収穫は1つ1つ手で触って大きさを確かめながら、行っていきます。
その場で収穫できる大きさだと見極めたら、ハサミで根と葉を切り、コンテナに詰めて運びます。

うまくいけば1畝で約300kgの玉ねぎを収穫できますが、なかなかサイズが揃って来ず、収穫できるのは10個に1つといったところです。

幻 新たま 収穫
昨日(1/16)に収穫に入った畝


現在は8/23に種まきをし、田んぼに1つ1つ手で定植した玉ねぎたちを収穫しています。

幻 新たま 収穫

「いつ頃仕上がってきますか?」とお問い合わせいただきますが、なかなか判断が難しく、気温や雨量、
天気に左右されるので、収穫入り次第ご連絡させていただいている次第です。

農業って難しい、、、とつくづく思います。
製造業だったら、頑張ったらあと何日で納品できます!ということがあるかと思うのですが、野菜の場合は人工的に商品を完成させることができないので、様子を見ていくしかありません。

そして、今年の課題の改善は来年に持ち越しとなります。
種まきの時期が決まっているので、今からすぐに修正ということができないのも農業の難しいところですね。

12月末からほとんど収穫に入れていないので、この空白の1ヶ月間を埋めるための作付け計画を、来年はしていく必要があるなと感じております。

ということで、来週も収穫に入りながら、引き続き様子を見ていきます。
少量ずつの発送になるかとは思いますが、必ず美味しい玉ねぎをお届けいたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

幻 新たま 収穫

『思考的感覚派ユーティリティベジマネージャー』
野口ファーム パティ