体を温めると疲労回復免疫力向上など、体にうれしいさまざまな効果があります。

美容やダイエット効果もあるのです。

体を温めるなら、根菜を食べるのが良いと聞いたことがあるでしょう。

根菜には、体を温めるための栄養が豊富に含まれているからです。

この記事では、根菜が体を温めるといわれる理由について解説しています。

体を温めるなら、根菜の1つである生姜がとくにオススメ!

体を温めるための効果的な食べ方も解説しているので、読めば健康的な体作りを目指せます。

根菜が体を温めるといわれる理由

根菜が体を温めるといわれる理由には、水分が少なくミネラルは多く含まれることが挙げられます。

多くの根菜には、ビタミンEミネラルビタミンCといった体を温めるための働きを持つ栄養が豊富に含まれているのです。

ビタミンC…血液のもととなる鉄の吸収を助けることで、血液が増えて体が温まる
ビタミンE…血行を促進させて体を温める
ミネラル…たんぱく質が体内で活用されるための必須栄養素

ミネラルは、たんぱく質に欠かせない栄養素です。

筋肉を作るイメージのあるたんぱく質ですが、実は血液を作るもとでもあります。

たんぱく質は、血液を作るもとであり、体温を維持するのに必要な栄養です。

たんぱく質が体内で活用されるために、ミネラルは欠かせない存在なのです。

ほかにも根菜は、冬になると旬のものが多くなります。

寒い時期だと、スープなど温かいものに根菜をたくさん入れて食べることが、体を温めるといわれる理由でもあるのです。

体を温める根菜なら生姜がオススメ

根菜体を温める

体を温める根菜なら、生姜がオススメです。

生姜には血行を促進し、体を芯から温める働きがあります。

体を温めるイメージの生姜ですが、食べ方によっては逆効果になることもあります。

例えば、ガリなど生で食べる場合は「ジンゲロール」という生姜特有の成分が働きます。

ジンゲロールには解熱殺菌効果があり、体の深部の熱を手足の末端に広げていく特徴を持っているため、末端冷え性の改善につながります。

つまり体の芯部を冷やす効果があるのです。

そのため、体の芯部を冷やさないようにするためには生姜を加熱することがおすすめです。

生姜は加熱するとジンゲロールが「ショウガオール」という成分に変化します。

ショウガオールには、血行を促進し、体を芯部から温める効果が期待できます。

効果が高い食べ物なので、食べ過ぎには注意してください。

過剰摂取は、体への刺激が強くなり、腹痛肌荒れの原因となります。

1日の生姜摂取量目安
• 生…5~10g
• スライス…6枚
• すりおろし…小さじ1杯

生姜は体を温めるほかに、便秘生理痛緩和など女性にうれしい効果も期待できるため、体を温めたいときには生姜を積極的にとると良いでしょう。

根菜の体を温める効果的な食べ方とは?

根菜体を温める

体を温める根菜の効果的な食べ方は、スープにして食べることです。

なぜなら根菜に含まれるビタミンミネラルは、水に溶けやすい性質があるためです。

スープにすれば、水に流れ出た栄養を汁ごと食べられます

とくにオススメなのが、豚汁です。

味噌も体を温める働きがあり、どの根菜と組み合わせても美味しいです。

ただし、味噌に含まれる酵素は熱に弱いため、調理工程の最後に加えて、加熱しすぎないように注意してください。

効果的に体を温めるためにも、根菜がたっぷり入った豚汁を食べましょう。

体を温める食べ方のポイント

根菜体を温める

体を温めるには、食べ方にもポイントがあります。

食べ方のポイントを知り、根菜を効果的に食べましょう。

温かい状態で食べる

当たり前ですが、冷えた状態のものを食べても体は温まりません。

スープや煮込み料理にし、しっかり温めて食べることで体が温まりやすくなります。

根菜たっぷりのカレーやシチュー、スープなどをホカホカの状態で食べて、体を芯から温めてくださいね。

ゆっくり食べる

ゆっくり食べることも、体を温めるために大切なポイントです。

人の体は、エネルギーを消費し代謝量を増やして体温を上げることで、食べ物を消化吸収します。

よく噛んで食べるとさらに効果が高まり、体が温まりやすくなるのです。

その際によく噛むと、食べ過ぎも防げます。

実は、食べ過ぎも体の冷えにつながります。

そして食べ過ぎて消化できないエネルギーは、脂肪になります。

脂肪は運動しないと燃焼されず、体が冷える原因となります。

そのため、食べ過ぎないようゆっくり食べるのが、体を温めるのに良いとされているのです。

冷たい飲み物と一緒に食べない

冷たい飲み物は体を内側から冷やし、胃腸や消化器系を弱める原因となるため、一緒に摂らないようにしましょう。

食事中は、冷たい飲み物を避け、温かい白湯やお茶を飲むことが体を温めるのにオススメです。

まとめ

根菜には、ビタミンCやビタミンE、ミネラルといった体を温める働きのある栄養が豊富に含まれています。

根菜は冬に旬のものが多く、スープや煮込み料理に使われるのも体を温めるといわれる理由の1つです。

とくに、生姜は体を温めるのにオススメの根菜です。

効果が高い食べ物のため、食べ過ぎには注意してくださいね。

スープなどにして温かい状態でゆっくり食べるのが、体を温めるポイントです。

体を温めると、疲労回復はもちろん、美肌やダイエットにも効果的です。

根菜を食べて体を温め、健康な体作りを目指しましょう。

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^

根菜が体を温める