買ってきた野菜を、すべて野菜室へ保存していませんか?
いざ、使おうと取り出したら、変色や傷んでいたなんてことも!
野菜室に保存しているのになぜ?と疑問に思うことありますよね。

野菜によっては野菜室に入れておくと、劣化や酸化を早める原因になります。
だいこんやにんじんといった根菜類は、常温で保存しておく方が長持ちします。

この記事では、根菜を野菜室より常温で保存する方が良い理由や、長持ちさせる保存方法を紹介しています。
根菜の特性を知り、できるかぎり鮮度を保ったまま、おいしく使い切りましょう。

根菜は野菜室より常温で保存する方がよい

根菜 野菜室 常温

根菜は、野菜室より常温で保存するのに適しています。
なぜなら、育った環境と同じ状態にしてあげることが、根菜を長持ちさせる秘訣だからです。

根菜などの野菜は、日光が当たるところや湿度の高い場所で保存すると、成長しようとします。

野菜室の温度は3〜8度に設定されており、鮮度が落ちやすい野菜の乾燥を防ぐため、密閉構造で高い湿度を保っているのです。
そのため、成長のスピードを抑えるには野菜室ではなく、常温の場所に置くのがおすすめです。

常温といっても、室内に置いておけばいいというわけではありません。
基本的に常温とは、15〜25度ぐらいの過ごしやすい温度を指します。

つまり、常温保存とは15〜25度ぐらいの温度を保った、直射日光の当たらない風通しのよい場所に置くということです。

土の中でぬくぬくと育った根菜にとって野菜室の温度は低く、傷みを早める原因に繋がります。

できるだけ鮮度を保ったまま使い切るためにも、根菜は野菜室ではなく常温で保存しましょう。

根菜を長持ちさせる保存方法

根菜 野菜室 常温

環境の変化は野菜に大きなストレスを与え、鮮度が落ちる原因です。
育った環境と近い状態で、保存するのが長持ちさせるポイント。
次は、根菜を長持ちさせる保存方法を紹介しましょう。

土がついたまま保存

ごぼうやにんじんなどの根菜は土がついた状態のまま、新聞紙に包んで立てた状態で、冷暗所へ保存しましょう。

土の中で成長する根菜は、土がついたまま保存した方が長持ちします。
洗い落としたときから劣化がはじまるため、使用する直前まで土がついたままにしておきましょう。
ただし、カットした場合は野菜室に入れて保存してください。

麻袋やカゴなどに入れる

さつまいもやじゃがいも、にんじんなど常温で保存するのに適している根菜は、麻袋やカゴに入れて保存するのがおすすめです。

麻袋やカゴなどは、通気性がよく野菜の保存に最適。
色とりどりの野菜を入れて部屋に置くと見栄えもよく、ちょっとしたインテリアにもなりますよ。

ネットにいれて吊るして保存するのも、通気性が良く場所をとらないためおすすめです。

根菜を野菜室で保存する方法

根菜 野菜室 常温

常温で保存するのがよいといわれている根菜ですが、夏場や梅雨の時期は気温や湿度が高いため、野菜室で保存しておくのがおすすめです。
種類別に、野菜室で保存する方法を紹介しましょう。

だいこん

だいこんは、葉と根で切り分けて保存しましょう。
葉をつけたまま保存しておくと、葉に栄養をとられてしまうからです。

根の部分は、ラップや新聞紙に包んで根を下にし、立てて野菜室に入れてください。
ラップで包む場合、切り口の部分だけではなく根全体を包むようにしましょう。

ごぼう

ごぼうは、野菜室に入るようにカットして、ラップや新聞紙に包んで立てて保存します。
カットした場合、切り口の乾燥を防ぐため、全体を包んでください。

また、洗ってあるごぼうは、あまり日持ちしないので、野菜室で保存するのがよいでしょう。

にんじん

にんじんは、袋から取り出し水分をしっかり拭き取ります。
1本ずつ新聞紙やラップで包み、根を下にして立てて野菜室で保存しましょう。

袋に入れた状態のまま保存しておくと、結露がつき、傷む原因となるので注意してください。

れんこん

泥がついている状態であれば、そのまま新聞紙で包みポリ袋にいれて野菜室に保存しましょう。

カットした場合、切り口が乾燥や変色しないようラップでしっかりと包み、野菜室へ入れてください。

じゃがいも

じゃがいもは気温が20度以上になると、芽が出たり傷みが早くなったりするため、野菜室で保存するのがおすすめです。

新聞紙やキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて保存しましょう。
新聞紙やキッチンペーパーが濡れていたら、その都度取り替えてください。

さつまいも

さつまいもは、寒さに弱い野菜のため基本的に常温で保存します。
しかし、気温が20度以上になるとじゃがいも同様、芽が出てしまう可能性があるので、夏場や梅雨の時期は野菜室に入れましょう。

新聞紙やキッチンペーパーで包み、乾燥しないようポリ袋などに入れて保存します。
また、さつまいもは水分に弱いため、濡れた状態で保存していると変質しやすいです。
使う直前までは、洗わずに保存しましょう。

まとめ

根菜は土の中で育つ野菜のため、野菜室より常温で保存する方が長持ちします。
しかし、夏場や梅雨の時期は、温度や湿度が高くなり傷みやすいので、野菜室に入れましょう。

根菜も種類によって、長持ちする保存方法が異なります。
根菜の特性を知り、新鮮で美味しい状態のまま使い切りましょう。

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^