「肌がキレイになりたい。」

「むくみを解消して顔まわりをスッキリさせたい。」

と思っている方に朗報です!

レタスには、女性に嬉しい美容効果のある栄養が豊富に含まれています。

この記事では、レタスに含まれる美容効果についてご紹介しています。

ぜひ、あなたの美容に役立ててください。

レタスは女性に嬉しい美容効果が豊富に含まれている

レタス 美容 効果

レタスには、美肌やむくみ解消といった女性に嬉しい美容効果が豊富に含まれています。

レタスに含まれている美容効果について、ご紹介しましょう。

美肌に嬉しいビタミンが豊富!

レタスには、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン

と、美肌に嬉しい効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンCは、お肌によいとされるコラーゲンを生成するのに欠かせない栄養素です。

シミのもとであるメラニンの生成を抑え、シワを防ぐ効果も期待できます。

ビタミンCが不足すると、倦怠感や疲労感といった症状が現れる原因です。

また、ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれているほど、美肌効果が期待できる栄養素です。

ビタミンEには、体内に含まれる脂質の酸化を防ぐ働きがあります。

脂質が酸化すると体内の細胞や物質にダメージを与え、シミやシワ、たるみといった肌トラブルへつながる原因です。

老化を防ぐ効果も期待できるので、美肌を目指す女性は、若返りのビタミンであるビタミンEを積極的にとりたいですね。

さらに、βカロテンも美肌に嬉しい効果があります。

βカロテンは、体内でビタミンAに変換される栄養素です。

ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるため、健康的な肌を保つために欠かせません。

レタスは、美しい肌を目指すために女性がとりたいビタミンが豊富に含まれているので、積極的に食べましょう!

便秘解消に効果的な食物繊維が含まれている

便秘解消に効果的な食物繊維も、レタスには多く含まれています。

ダイエットをしていると、便秘に悩む女性は多いです。

便秘が続くと、ダイエットはもちろん、肌トラブルへつながります。

そんな便秘を解消する手助けとなるのが、食物繊維です。

レタスには、食物繊維の1つである不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

不溶性食物繊維は、便のカサを増やし、ぜん動運動を活発にして便を排出させる働きがあります。

少量の便しか出なくて、お腹がスッキリしないといった経験はありませんか?

便のカサを増やすなら、不溶性食物繊維をしっかりとるのがオススメです。

また、食物繊維は便秘解消の他に、血糖値が上昇するのを抑える働きがあります。

血糖値が高いと、脂肪燃焼されにくく、太りやすい原因です。

便秘解消とともに、血糖値上昇が抑えられる食物繊維は、美容に最適の栄養素といっても過言ではありませんね。

レタスでしっかり不溶性食物繊維をとり、お腹をスッキリさせましょう。

むくみ予防の働きがあるカリウム

レタスにはむくみ予防にオススメのカリウムも、含まれています。

むくみは女性の敵!

朝起きて顔がむくんでいると、化粧のノリも悪く、モチベーションが上がりませんよね。

レタスにはカリウムが多く含まれているので、むくみでお悩みの女性はとるべき栄養といってもよいでしょう。

朝起きてむくみのない肌を目指すなら、カリウムがしっかり入っているレタスを食べるのがオススメです。

快眠効果のあるラクチュコピクリン

レタス特有の栄養といってもよいラクチュコピクリンは、快眠を促す働きがあります。

ストレスは、肌荒れやダイエット効果が下がる原因であり、美容によくありません。

レタスには、快眠効果や精神を安定させる働きがあるラクチュコピクリンが含まれています。

眠りの質が高いと、美容効果もアップします。

疲れもとれやすいので、レタスを食べてストレスのない体を目指しましょう。

レタスは種類によって栄養が異なる!美容によいのはどれ?

レタス 美容 効果

スーパーなどでよく見かける結球レタスの他に、焼肉で大活躍のサンチュやシーザーサラダにおすすめのサニーレタスなど、レタスにはさまざまな種類があります。

種類によって栄養も異なります。

せっかくなら、美肌に嬉しいレタスを食べたいですよね。

レタスの栄養を種類ごとにまとめたので、参考にしてください。

カロリーカリウムβカロテンビタミンEビタミンC葉酸食物繊維総量
kcalmgμgmgmgμgg
結球レタス(土耕栽培)112002400.35731.1
サラダ菜1041022001.414711.8
リーフレタス1649023001.3211101.9
サニーレタス1541020001.2171202
サンチュ1447038000.713912
コスレタス162505100.781201.9
参考文献 : 日本食品標準成分表2020年版(可食部100g)

どの種類でも、レタスはカロリーが低いですね。

ビタミンEやビタミンCといった美肌効果が高い栄養素が含まれているのは、リーフレタスとサンチュです。

サラダとの相性もバッチリで、効果的に栄養がとれるのでオススメです。

また、サンチュはβカロテンやカリウムが豊富に含まれています。

お肉やにんじん、きのこなどを巻いて食べると美味しいですよ。

どのレタスも美容効果が高いですが、種類によって栄養が異なります。

あなたがとりたい栄養を、効果的に食べてくださいね。

レタスを食べすぎると腹痛に!?

レタス 美容 効果

美容効果が期待できるからといって、レタスを食べすぎるのは腹痛になりやすいとも言われています。

なぜなら、レタスは水分が多い野菜です。

水分が多い野菜は、食べすぎると体が冷えやすくなります。

体が冷えると血流が悪くなり代謝が低下するため、下痢などの症状が出て腹痛の原因となります。

食べ過ぎてしまうとお腹をくだす場合があるので、どんなものでも同じですが過度に摂りすぎず、適量を食べてくださいね。

レタスの効果的な食べ方をご紹介!

レタス 美容 効果

レタスを食べると、美肌によい効果があることがわかりましたね!

せっかくならレタスを効果的に食べて、美肌効果も上げましょう。

次は、レタスの効果的な食べ方をご紹介します。

水に溶けやすい栄養は生で食べるのがオススメ!

美容効果の高いビタミンCは、サラダなど生で食べるのがオススメです。

ビタミンCは、水に溶けやすい性質をもっています。

たとえば、レタスを茹でてしまうと、栄養が水の中へ流れ出てしまうということです。

とはいえ、水で洗わず生で食べるのには抵抗がありますよね。

葉っぱを手でちぎり、なるべく大きい状態のまま水で洗うと栄養を逃しにくいです。

できるかぎり水に浸ける時間を減らし、栄養を逃さずに食べましょう。

脂質性の栄養は油と一緒にとると効果アリ!

βカロテンやビタミンEは、脂質性のビタミンです。

脂質性のビタミンは、油と一緒にとると効果的に栄養をとれます。

βカロテンやビタミンEの効果を存分に得るなら、お肉と一緒に炒めたり、レタスチャーハンにしたりして、油と一緒に食べるのがオススメです。

豚肉といったビタミンB1と一緒に食べると、疲労回復効果も期待できますよ。

炒めるとカサも減るので、レタスをたくさんとりやすいです。

油と一緒にとり、βカロテンやビタミンEをしっかりとりましょう。

まとめ

レタスには、ビタミンCやβカロテンといった美肌によい効果が期待できる栄養素が豊富に含まれています。

種類によって栄養が異なりますので、とりたい栄養に合わせてレタスを食べるのもオススメです。

美容効果があるからといって、食べすぎると腹痛の原因となりますので注意してください。

レタスを積極的に食べて、内側から美しくなりましょう!

\自然豊かな淡路島の野菜をご自宅で/

淡路島の農家「野口ファーム」では全国の皆様に新鮮なお野菜をお届けしています。

美味しいお野菜を届けるために、365日真心込めて育てています。

四季折々のお野菜を、ぜひご自宅でお楽しみください^ ^

根菜が体を温める